工房 和仁

みのうサイダー   


2007年  10/13、10/14の筑後スローフードフェスタで
「みのうサイダー」は世に送り出されました。

地域循環の研究・調査から生まれたサイダーです。

掲載記事一覧


「みのうサイダー」が生まれた背景 
NPO法人 みのう地域循環デザインセンター のページより


耳納連山北麓のうきは市〜田主丸〜山本町は日本でも有数の柿の産地で す。春は新緑がエメラルドグリーンに輝き、秋の収穫時期には紅葉で山の麓が赤く染まります。しかし昨今、柿の消費は低下し、柿農家は高齢化・後継者不足で、産地の存続も危ぶまれています。

みのうDCでは、2年前から地元学の調査などでキズや虫食いなど で市場に出せないものは「捨て柿」といわれ、廃棄されている量がかなりあることを知り、柿畑の景観維持のためにもその有効活用の方策を検討してきました。

そんな中、2006年久留米で開催された「筑後スローフードフェスタ」で私たちのNPOが企画した『minou slow cafe』のブースで、地元に古来から伝わる柿酢をサイダーで割った「みのうサイダー」を出したところ評判を呼びました。そこで、NPOのメンバーで一年間、 検討に検討を重ね、福岡県地域政策課、およびトヨタ財団の支援も受け ながら、このたび、ついに商品化が実現の運びとなった次第です。

NPOが開発・販売する点と、果実酢を使ったサイダーという点で国内では珍しいケースになると考えております。また、サイダーの売 り上げの一部が、この地域の景観保全に役立てられる予定です。このサイダーをきっかけに、たくさんの方々に、みのう地域に足を運んでい ただき、本当の柿の美味しさ、柿狩りと紅葉狩りを楽しんでもらい、地域振興の一助となることを願っています。





店主の私はみのうDCの当初からのメンバーであり、
上記の『捨て柿』の有効利用の研究・開発にも携わってきました。

このサイダーが登場した2007年10月13日〜14日の”筑後スローフードフェスタ”では
みのうDCのブース”みのう スローカフェ”で2日間で試飲を含め600本が人々の手に渡りました。

掲載記事一覧


是非飲んでみたいという方は、耳納連山の麓までどうぞ。 330ml入り ¥200⇒取り扱い店一覧
(お店によって値段が異なる場合があります。)
当店でも、この柿酢から出来た「みのうサイダー」を販売しております。

遠くに住んでいて来られないという方には、ケース単位(24本入り)に限り、メール・FAXでのご注文で発送いたします。

330ml(¥200)×24本入り 4,800円

●ご注意点
  • この商品は代引き、またはお振込みを確認後発送の料金先払いになります。
  • 大量生産ではないことと、地域でのお客様が優先になるため、お届けまでに時間がかかる場合があります。

●振込先
  • ジャパンネットバンクJ振
  • イーバンク銀行 メルマネ →メルマネの仕組み
    ログイン後、メルマネを選択して、受取人のメールアドレスで→ wani-koubo@mx21.tiki.ne.jp
    「送金金額」「送金内容」「メッセージの種類」を記入して手続きしてください。
  • 福岡銀行  メールを送って下さい。折り返し口座番号をお知らせします。

●クロネコヤマト宅配便でお送りします。送料は下記の通りとなっています。

九州・中国 四国・関西 中部・北陸 関東・信越 東北 北海道 沖縄
1ケース \600 \700 \800 \1000 \1200 \1600 \1000
2ケース \1000 \1100 \1200 \1400 \1600 \2000 \2000
その他、代引きの場合は手数料 ¥315がかかります。

お問い合わせ・ご注文メール 
FAX 0943-73-1749


竹炭工房 和仁
ダンボールコンポス