●目次●

循環型の生活を始めよう ・・・・・
ダンボールコンポスト


なぜダンボール箱なのでしょう?

エネルギー・コストを浪費しない
シンプルなシステム


推薦のコトバ

よくある質問(FAQ)

ご注文
送料
特定商取引法表示

生ゴミ堆肥化講習会
耳納ねっと!再生工房





ダンボールコンポスト
テキスト
ダンボールコンポスト テキスト




●関連のオハナシ●

僕らは土なしでは生きられない

土の中はバイ菌?
関連書籍

●リンク●

NPO法人みのう地域循環デザインセンター(みのうDC
みのうDCブログ
みのうサイダー
竹炭工房 和仁
NPO法人循環生活研究所


エネルギー・コストを浪費しないシンプルなシステム
ダンボールコンポストにかかる時間は1日のうちわずか2〜3分です。どうか生活の中に"循環"を取り入れてください。やってみるとわかりますが、結構"かわいい"存在になります。1日のうちに何回も見てしまったり、微生物が活発に働くのにはこんなものを入れてみよう・・・などいろいろ研究してしまいます。


●生ゴミ処理の現状と問題点

最近は生ゴミを排水と一緒に下水に流し込む"ディスポーザー"や電動生ゴミ処理機などが市町村の補助などで出回っていますが、維持費にくわえてエネルギーを消費するする上、自然と完全に切り離している点が循環型社会に適応していません。これからは環境調和型・エネルギーを浪費しないライフスタイルが必ず必要になります。

現在の日本はあまりにも多くの資源を浪費しています。お金を払えば何でも手軽に手に入るのと同時に手軽にゴミとして捨ててしまう現在の状況は、自然とのサイクルが完全に断ち切れた状態です。こんな状況は永遠に続くわけがありません。これは確実な崩壊へのプロセスで、自然と全く調和していません。政府や企業に任せるのではなくて、私たちの日常の習慣を少し変える事こそが大きな一歩です。


●テキスト●

堆肥づくりのススメ
〜コンポストのある循環生活〜 
波多野信子・たいら由以子 著
循環生活研究所 発行 
¥700 (全50ページ)

ダンボールコンポストと堆肥作り全般のノウハウがぎっしり詰まってます。『できるかな?』 『イメージが湧かない・・』という方は、まずはテキストを。

(テキストだけの場合、送料は¥150です。)


◆ダンボールコンポスト一式◆
材料名 価格
段ボール箱(二重構造) ¥250
基材 ピートモス(15g)と炭(10g) ¥600
米ぬか(温度調節などに) 1kg ¥100
コンポストキャップ(虫除けカバー) ¥300
温度計(微生物の活動を温度で知る!!) ¥350
スコップ ¥200
テキスト(上図) ¥700
セット一式合計 ¥2500
竹酢原液(虫の予防に) ¥600
*必要なものだけお送りします。(送料が別途必要です。→こちら
1セット(1箱)で100サイズの料金で送ることが出来ます。(2セット→140 3セット→160)
だいたい2〜3ヶ月(生ゴミを入れる量で異なります)処理できます。
段ボール箱は3ヶ月くらいは使えます。



Home